忍者ブログ

福島盆地から山越えて

福島ちょっと散歩---福島県内外の名所・旧跡めぐり。道端のチョット気になる案内看板に誘われて... 天気がいいのに、せっかくの休日なのに、無駄にはしない。そうだ出掛けよう・・・ヒョイッと愛車(55プリウス)に乗って福島盆地から山越えて...。        takakan

紅葉の磐梯吾妻スカイライン

紅葉の磐梯吾妻スカイライン 今年(2009.10.12(月)体育の日)の紅葉情報です
3ea29f18.jpgd9adc07d.jpg
頂上付近は今日が見頃です。写真より実景は色鮮やかで感動ものです。
午後2:00頃下山しましたが、浄土平駐車場~不動沢橋1㎞手前まで、不動沢駐車場の混雑~料金所手前まで大渋滞でした。

「ふどうざわばし」付近                    旧不動沢橋
58dafd53.jpgaef3fd7b.jpg05031ef5.jpgace72085.jpg
一切経山の噴煙と、駐車場渋滞(午前10:30頃)
84ead75c.jpgf6a65610.jpg
浄土平から吾妻小富士頂上へ(約15分)、火口一周(約30分、2500歩)
0fa31372.jpg407e82bd.jpg
15a92e7a.jpgac6c7478.jpg
8876ce76.jpgb7bf81cf.jpg
033dcd4c.jpg64e4c7a4.jpg
3d823b31.jpg2cef1408.jpg
00a886c8.jpg9974f398.jpgf51d52b0.jpg
救急ドクターヘリによる登山者の救護されていました。霊山の時といい、偶然です。私も含め中高年は無理は禁物です。
0912d3b2.jpgae134482.jpg
濃紺色の美しい水をたたえ、標高約1600mに位置する桶沼は、実は爆裂火口に水がたまった火口湖で、今から約5~6千年前の火山活動の結果つくられたものなのです。この桶沼のほか、吾妻山系を代表する湖沼である五色沼や鎌沼も同様に、火山活動でできた火口や窪地に水がたまってできたものです。桶沼の水深は、これらのなかで最も深く最深部で約13mもあります。(最深部の水深について:五色沼 約9m 鎌沼 約5m)また、蓄えられた水は浄土平レストハウスや麓にある山小屋「吾妻小屋」の水源として利用されています。
9dbf1d7d.jpg43841285.jpg
PR

trackback

この記事にトラックバックする:

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]