忍者ブログ

福島盆地から山越えて

福島ちょっと散歩---福島県内外の名所・旧跡めぐり。道端のチョット気になる案内看板に誘われて... 天気がいいのに、せっかくの休日なのに、無駄にはしない。そうだ出掛けよう・・・ヒョイッと愛車(55プリウス)に乗って福島盆地から山越えて...。        takakan

小浜城址 (二本松市旧岩代町)

小浜城址 (二本松市旧岩代町)
cd2b74d2.jpg36a2cd1d.jpgIMG_0001_R.jpg
-案内説明-
 小浜城は伊達政宗の会津侵攻の拠点として天正13年(1585)年から翌年にかけて居城したことで知られる。南方小浜川の谷間を隔てて上館と呼ばれる宮森城があり、小浜城は下館と呼ばれ、両城の間に集落があって、一体化した構えであった。政宗在城中に父輝宗は宮森城にあって、二本松城主畠山義継によって有名な粟ノ須の変事が起った。
 小浜城の成立は奥州探題の置かれた塩松(四本松)城の支城として南北朝争乱期に創築。室町時代には大内定綱の居城となっていた。政宗は白石若狭を城代とし、天正18年以降は若松城の支城として蒲生氏が入った。
 現在、城址には蒲生氏時代の石垣が残るほか、堀切、空堀が多くの曲輪跡が認められ、戦国末期の東北地方屈指の大城郭である昭和56年に発掘調査がなされ、桁行4間・梁行8間の大型建物をはじめ5棟分の庇付建物の跡が見つかっている。左のイラストレーションはこの発掘結果と一連の調査の結果にもとづき、日本城郭資料館長 西ヶ谷恭弘氏が復原したものである。

ad9d837b.jpgb45319db.jpg
d7956c92.jpg70be7b79.jpg
d24a5a34.jpgIMG_0012_R.jpgIMG_0013_R.jpgIMG_0002_R.jpg
おすすめの味
手打ちそば家 あかま
グランド側の芳池団地内にある蕎麦屋さん。
小浜字芳池29-5 tel0243-55-2622

IMG_0032_R.jpgIMG_0033_R.jpgCIMG2475.jpgIMG_0037_R.jpgacfe7059.jpeg
PR

trackback

この記事にトラックバックする:

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]